案内男性

ベトナムでコンサルティングを依頼|サクサク進める商売

化粧品のオリジナル製造

化粧する女性

様々なニーズに向けて、化粧品のオリジナル製造を考えている人は多くなって来ています。化粧品製造を代行している企業も多く存在しているので、それらの企業からサポートを受けましょう。

詳しく読む

代わりに製造

スーツの人達

新しい化粧品を製造することになった場合には、中々の初期投資費用が必要になってくるものです。最近は化粧品の製造を代わりに行なってくれる業者も多くなってきています。

詳しく読む

化粧品の生産

会議

小ロット対応が出来る態勢つくりが必要

化粧品に限らず、もの作りをするメーカーにはロットというものが存在します。賞品の発注を受けるにあたってもある程度まとまった量を作らないと利益が出ないのでやむを得ないという側面はあるのですが、これからの時代、少しでも小ロットで生産できる体制を作れないかということを常に考えておかねばなりません。化粧品生産をするOEMメーカーにとって、容器なども容器メーカーに小ロットで作ってもらえないという悩みもあると思いますが、容器メーカーにも理解をもらうなどして、発注元からの少ない数量での発注依頼にもなるべく応じることが出来る生産体制を構築したいものです。OEMメーカーが将来的に生き残っていくためにこういった発想は大切になってきているのです。

容器やチューブを使いまわしのきくものにするなどの対応も必要

ベトナムなどでOEMメーカーが化粧品の生産する場合、容器やチューブの手配に時間がかかることが多いです。国内の容器メーカーも年々減少してきており、廃業した容器会社の発注が回ってきて忙しくなったベトナムのメーカーがこれまでと同じようなリードタイムで生産してくれない状況も起こるようになっています。このような状況を放置しておくと発注元の取引先に迷惑をかけてしまうことにもなりますので、対応策を考えなければなりません。発注元メーカーに先の生産依頼予定を聞き、早めに容器を発注しておくことも手段の一つでしょう。また、様々な容器を多くの品番に使いまわしがきくデザインにしておくなどの対応も発注元メーカーに打診すると良いでしょう。化粧品のOEMメーカーとして残っていくためには現状足りない部分を改善していく姿勢が大切です。

より専門的な知識を持ってOEMメーカーを立ち上げるためには、コンサルティングのサポートを受けるようにしましょう。コンサルティングは専門家によって様々なサポートを受けることです。

商品を開発

2人の男性

化粧品を開発する場合には初期投資が必要になります。莫大な額を掛けて開発を行なっても、製品が売れなければ大きな赤字となってしまいます。初期投資を出来るだけ抑えて製造を行ないましょう。

詳しく読む